進行性精巣腫瘍における化学療法後の残存腫瘍に対する 腹腔鏡下神経温存後腹膜リンパ節郭清術

当科では、進行性精巣腫瘍治療(356/17年)において重要な治療のひとつである後腹膜リンパ節郭清術(RPLND)で、従来は開腹手術による射精神経温存手術を行っていましたが、化学療法前の腫瘍の小さな方に対しては、20108月より、先進医療として腹腔鏡下RPLNDを行っており、良好な治療成績(癌の制御とQOL維持)が得られています。

開腹RPLND: 200(1998.6-2015.10)

腹腔鏡下RPLND: 21(2010.8-2015.10,先進医療)

«  |