小径腎癌に対するロボット支援手術

小径腎癌に対するロボット支援腹腔鏡下腎部分切除が2014年4月に臨床研究として導入されました(2015年から保険適応)。ニーズが高いQOLを重視した低侵襲治療の1つです。これまで当科で100例以上に対して行われ、良好な治療成績が得られています。

«  |